当院のご紹介
About

令和2年度 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 40 91 100 195 220 437 671 863 411 3029

平成31年4月から令和2年3月までの年間退院患者合計数は、3,029名でした。
60歳以上の患者の占める割合が8割近くに迫っており、症状的に重症化になりやすい高齢者の方の入院が多くなってきています。
脳神経外科や外科、整形外科では若年層での入院治療も行っております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 67 23.64 11.94 86.67
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 59 36.12 16.95 83.31
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 46 2.72 0 65.2

肺炎(市中肺炎かつ75歳以上)、良性腫瘍を含む小腸大腸の良性疾患、腎疾患の入院症例が多く、高齢者の方の入院が多くを占めています。高齢者の肺炎では、そのほかの臓器障害も併発していることが多く、その為、平均在院日数が長くなりがちとなっています。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 57 5 0 70.33
050130xx99000x 心不全 46 19.74 6.52 84.59
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 20 2.95 0 72.45

循環器科は、30年6月から診療体制を確立し、狭心症、虚血性心疾患等の心臓病を中心に、経皮的冠動脈形成術、経皮的血管形成術、ペースメーカー植込み術などの手術から心臓カテーテル検査など、幅広い症例を受入れています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 60 12.6 1.67 57.98
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 44 82.57 4.55 84.7
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 37 27.65 16.22 85.68

外科で最も多い症例は、胆嚢炎、胆嚢水腫等になり、患者様の手術の負担を少なくする腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。また、外科常勤医4名にてその他の腹腔鏡下手術や化学療法など幅広い診療を行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 60 40.52 8.33 81.42
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 26 41.19 42.31 82.04
160980xx99x0xx 骨盤損傷 16 28.06 18.75 80.88

整形外科では、手術が必要となる骨折等の入院患者が多く、高齢者の方の占める割合が高くなっています。手術後に当院の回復期リハビリテーション病棟でリハビリをされてADL機能を復帰されて自宅または施設等に戻られています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 2 3 0 55.5
080010xxxx0xxx 膿皮症 2 4 0 31.5
180060xx97xxxx その他の新生物 2 3 0 77

形成外科は、皮膚の良性新生物の症例が最も多く、膿皮症、その他新生物の順になっています。常勤医師が在籍し、症例の増加を目指しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 62 4.03 0 67.32
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 32 14.28 0 70.59
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 31 6.97 12.9 71.32

前庭機能障害の症例が最も多く、次いで脳梗塞、頭蓋・頭蓋内損傷の症例となっています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 15 3 0 73.47
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 7 5.86 0 66.29

泌尿器科では、前立腺の腫瘍と尿路感染等の疾患が多く、他の科に比べると、年齢が低い傾向にあります。

糖尿内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
転院率 平均年齢 患者用パス
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 9 7.78 11.11 51.44
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 7 21.57 0 66.14
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 5 81.8 20 88

糖尿病科は、糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡が最も多く、続いて2型糖尿病(末梢循環不全あり)の症例となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 2 6 7 14 1 8
大腸癌 8 9 8 2 5 23 1 7.8
乳癌 4 1 1 0 0 1 1 8
肺癌 0 0 0 0 0 0 1 --
肝癌 0 2 0 0 0 1 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌の患者様を多く診療しており、手術や化学療法などの症状に合わせた治療を実施しています。
UIOC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者様が多くなっています。入院中に検査結果が出ていない等が理由として挙げられます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽度 40 9.13 51.25
中等症 189 36.47 85.68
重症 2 30 90
超重症 1 17 83
不明 0 0 0

患者数が最も多かったのは中等症でした。平均年齢は85歳で後期高齢者の方となっています。
80歳以上の方については、重症化の傾向にあり、平均在院日数も長期化しています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 139 52.7 76.82 7.36
その他 24 37.79 72.92 1.23

脳梗塞の症例の平均年齢は、3日以内、その他ともに70歳以上の高齢者で、30日から50日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅または施設へ戻られています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 55 1.24 2.69 0 68.24
K654 内視鏡的消化管止血術 9 0.22 17.44 11.11 73.78
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 9 24.89 38.44 22.22 81.56

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例が最も多くなっています。入院期間も1泊2日の短期入院となっています。

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 55 2.49 3.65 0 71.56
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 1.33 19.67 0 68.4
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 12 0.67 6.92 0 69.08

循環器科は、30年6月から診療体制を確立し、狭心症、虚血性心疾患等の心臓病を中心に、経皮的冠動脈形成術、経皮的血管形成術、ペースメーカー植込み術などの手術から心臓カテーテル検査など、幅広い症例を受入れています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 2.38 6.38 1.54 57.82
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 3.63 17.31 0 74.06
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.84 6.61 0 66.19

胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して、胆嚢摘出術を行っています。当院では腹腔鏡下での手術を行うことが多く、手術に対する患者様への負担をできるだけ少なくするように努めています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 21 6 30.76 47.62 81.81
K0462 骨折観血的手術(下腿) 8 2.13 15.5 0 58
K083 鋼線等による直達牽引 8 3.5 35.13 25 81.38

骨折観血的手術(大腿)の症例が最も多くなっています。骨折部を手術的に開いて、直接整復と内固定を行う方法で、内固定は、骨癒合が起こるまでの間、骨折部を鋼線、プレート、釘などを使用し、骨折部を良い位置で安定して保持します。
手術後は、当院の回復期リハビリテーション病棟または他の病院でのリハビリ目的の転院をされています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 3 0 2 0 58.33
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 1 0 1 0 66
K0132 分層植皮術(25cm2以上100cm2未満) 1 0 12 0 44

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)の症例が最も多くなっています。
常勤医師が在籍し、症例の増加をめざしています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 0.48 20.1 19.05 76.62
K1742 水頭症手術(シャント手術) 8 8.5 42.5 12.5 80.38
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 5 2.8 14 0 65.8

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の症例が多くなっています。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。高齢の患者様の割合が高く、緊急での手術となることも少なくありません。手術後の状態が落ち着くとリハビリ治療などを行います。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 13 1.46 7.31 0 74.08
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 3 1 5.33 0 66
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1 0 127 0 94

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)の症例が最も多くなっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 10 0.34
180010 敗血症 同一 4 0.14
異なる 11 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.03
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.07
異なる 0 0

播種性血管内凝固、敗血症は重篤な疾患であるため、医学的根拠に則った適切な病名選択が求められています。当院では、臨床的に根拠のある診断を基に医療資源の適切な投入に努めています。

更新履歴

2020年10月1日
令和2年度版病院指標を公開しました。

PAGE TOP