外科系診療部
Department of Surgery

外科

診療内容

対象疾患は、消化器(食道・胃・腸・肛門の消化管、肝臓、胆嚢、膵臓など)の良性・悪性疾患、呼吸器(肺)、内分泌臓器(乳腺、甲状腺)、腹部や胸部などの内臓を中心に治療を行っております。

  1. 当科では、体にやさしい 『腹腔鏡下手術』 を手術法の第一選択としております。胆石症などの胆嚢疾患だけでなく、胃ガンや大腸ガン、鼠径ヘルニアや腹壁瘢痕ヘルニア、イレウスなどに対しても、積極的に行っております。日本内視鏡外科学会技術認定医を取得した専門医が責任をもって行います。
  2. 最新の腹腔鏡下手術、『単孔式腹腔鏡下手術』 につきましては、特にこだわりを持って取り組んでおります。ご興味のある方は遠慮なくご連絡ください。
  3. 日本人の3人に1人は「ガン」で死亡していると言われています。「ガン」に関する相談・検査・治療も積極的に行っております。
  4. 麻酔科、放射線科、検査科、手術室や病棟のスタッフ、設備ともに充実しています。昨年度の当院への救急搬送は1903台でした。緊急手術も24時間、365日いつでも対応しております。

取り扱っている主な疾病

胃ガン、大腸ガン、胆嚢胆道系疾患(胆石症・胆嚢腺筋症・胆嚢ポリープ・総胆管結石症など)、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア、イレウス、腹膜炎、痔核症など

2018年度 手術実績

症例数 213
胃癌 (腹腔鏡) 5 (5)
大腸癌 (腹腔鏡) 21 (19)
直腸癌 (腹腔鏡) 5(5)
胆石症 (単孔式) 83 (81)
ヘルニア (腹腔鏡TAPP) 26(25)
急性虫垂炎 (単孔式腹腔鏡) 23 (22)
腹膜炎手術 (腹腔鏡) 7 (5)
肛門疾患 3
乳癌 2
自然気胸 2
その他 36

修練施設(2013年度~)

  1. 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  2. 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
  3. 日本消化器内視鏡学会指導施設
  4. 日本消化管学会胃腸科指導施設

PAGE TOP