医療技術部
Medical Technology Department

検査科

当院で行っている検査は、患者様の血液・尿などを調べる検体検査部門(一般検査、血液検査、臨床化学検査、免疫血清学検査、輸血検査、細菌検査など)と患者様自身を検査する生理機能検査部門(心電図、脳波、エコーなど)です。また、中央採血室の運営に携わっており、外来患者様の採血は検査技師が行っております。検査内容によって異なりますが、結果は30分から1時間程での報告となります。臨床検査は、病気の診断・治療だけでなく、病気の早期発見や予防にもなくてはならない手段です。私たち検査技師は患者様がより良い診察を受けるため、迅速かつ正確な検査データを医師に提供できるよう日々努めております。

機器の紹介

ACL TOP 350

検査科で導入した「ACL TOP 350」では、体のどこかで出血があったときに血が固まりやすいかどうかを調べる凝固検査を行います。また、血液をサラサラにする薬を服用されている方は薬の効果を知るための検査や他ににも血栓ができていないかを調べることもできます。
院内ではPT、APTT、FDP、D- ダイマー、フィブリノゲンが測定可能な項目となっております。
この検査機器を導入したことにより、国際基準に準じた検査データを迅速に院内で提供できるようになりました。

ACL TOP 350

LUMIPULSE G1200

新しく導入したルミパルスG1200では、患者様の病態把握、治療効果の評価において重要となる、腫瘍マーカー、心機能マーカー、甲状腺ホルモン、感染症の検査をしています。
腫瘍マーカーは、各臓器における癌などの腫瘍の存在を反映します。心機能マーカーでは、心負荷、心機能障害の度合いを知ることが出来ます。甲状腺ホルモン検査は、ホルモン分泌のバランスを調べ、甲状腺の機能低下または機能亢進の評価を行います。感染症の検査においては、B型肝炎、C型肝炎の有無や既往歴を調べます。
このルミパルスの導入により、今まで報告に数日かかっていた検査項目が院内で測定可能となり、より正確で精密な検査結果を即日報告することが可能となりました。

LUMIPULSE G1200


PAGE TOP