医療技術部
Medical Technology Department

栄養科

こだわりの食材や行事食の提供

長い入院生活は患者様にとって大きなストレスとなります。お食事を楽しみにしていただき、少しでも美味しさを感じていただくために、まずはお米にこだわり、ブランド豚や天然の出汁、季節の果物など、こだわりの食材を活かした味付けや盛りつけの工夫をこらすよう努めています。また、とりわけ季節を楽しんでいただくために、管理栄養士、調理スタッフのアイデアや病棟スタッフの意見を盛り込み、四季折々の食事や行事食の提供を行っています。

行事食の提供

治療効果を高め、安全で美味しい食事の提供を

患者様の栄養状態が悪いと、病状が悪化したり回復が遅れたり、日常生活動作やQOL(生活の質)が低下するだけでなく、合併症や感染症、褥瘡(床ずれ)の発生原因となります。様々なリスクを未然に軽減するために、日々管理栄養士が患者様のもとを訪問し、適切な栄養療法の支援を行っております。また、当院では、医師を中心に看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、嚥下機能評価を担当する言語聴覚士などの専門スタッフで構成されたNST(Nutrition Supprot Team:栄養サポートチーム)が定例回診と委員会で個別患者様の状態について諸事検討を重ね、最適な栄養支援に努めています。病院食や栄養に関する疑問、栄養相談のご希望などございましたら、いつでもお声掛けください。

治療効果を高め、安全で美味しい食事の提供を~

管理栄養士の「食のミニ講座」

当院では地域の皆さま向けに健康教室を開催しています。管理栄養士が輪番で教室参加の皆様に低カロリーの創作お菓子を提供し好評を頂いています。更に医師をはじめとする講師の講演テーマに沿った「食のミニ講座」(持ち時間15分)を行い、地域の皆様との交流を深めています。

栄養科科長の一工夫

栄養不良の患者様の場合、お食事を全量召し上がって頂ければ良いのですが、なかなか難しい場合があります。一口でも多く食べて頂けるよう患者様の状態や摂食状況について文書だけでなく、患者様を一番把握している看護師をはじめ、病棟スタッフから情報を収集したり、直接患者様と接することで改善策を見つけ出せるよう努めています。また、同じ調味料でも、タイミングや調理法、食材選びで食事の美味しさは大きく変わります。少しでもストレスなく入院生活を送れるよう食事のレベルアップを目指しています。

栄養科科長:管理栄養士 大塚尚直
調理師
日本糖尿病療養指導士
日本病態栄養学会認定NSTコーディネーター
日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士


PAGE TOP