内科系診療部
Department of Internal

消化器内科

診療内容

胃・大腸内視鏡検査やポリープの切除を行っています。また、吐血、下血時には緊急内視鏡検査を実施し、各種止血治療を行います。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対しては、再発防止や胃がんの予防目的で、ヘリコバクター・ピロリ菌感染性胃炎を行っています。
過敏性腸症候群、機能性ディスペプシアなど、内視鏡検査で異常がないにも関わらず、消化器症状を認める疾患についても、積極的に内服治療を行っています。また、大腸・小腸カプセル内視鏡は検査対象基準を満たす疾患に行います。

カプセル内視鏡検査

取り扱っている主な疾病

・胃のもたれ、胃痛、腹痛、お腹が張る、吐き気、下痢、便秘、血便
・健康診断のバリウム検査、便潜血検査で要精密検査となった方

胃癌、大腸癌、食道ポリープ、胃ポリープ、大腸ポリープ、へリコバクター・ピロリ菌感染性胃炎、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、慢性胃炎、膵炎、肝炎


PAGE TOP